20151205_130304_L  今晩から出張なので機材を準備しています。写真は市販されてる三脚の中で世界で一番高くなる三脚(1999年時点)のジッツオG509です。5段の足を完全に伸ばしてセンターポールを一番上まであげると3.5mの高さになります。私が高さ180cmの脚立の天面に乗って(危険なので真似しては駄目です)ちょうど目の高さにカメラがセット出来ます。
JR東海の有名な京都の広告写真などは予算が潤沢にあるので5mとかのやぐらを組みます。ちなみに大体10万くらいは費用かかるようです。私はなかなかそこまで撮影経費を使える仕事にまだ出会えてないので、そういう写真と勝負をする為にこの三脚を買いました。当時で三脚だけで10万円して雲台が3万円した記憶があります。重さも8.8kgあり180cmの脚立とセットになり重くなります。今、私のwebsiteのトップページの写真(↓)もこの三脚を使って撮りました。その時はアシスタントを二人使っての撮影でしたが、たまに一人で撮影する時にもこのセットを使うと結構大変です。

top-p201510

いつもは車に180cmの脚立とセットで積み込んで行くのですが、今夜からの出張は新幹線なので写真に写っているマンフロットの三脚ケースに入れて行きます。180cmの脚立は現地で手配しています。運搬が大変ですが頑張って行ってきます。