iPhoneで写真撮影をしてSNSなどに投稿する時にお勧めなアプリを7つ紹介しまます。


ProCamera. <¥600>
コンデジ上級機なみの機能が設定出来るカメラアプリです。
ピントを合わせる位置と露出をとる位置を任意に設定出来て、
またそれを行って更に露出補正が出来る機能を気に入り購入しました。
こんな機能が付いいたらと思っていたものがどんどん搭載されて進化しています。
今のバージョンはマニュアルでピント合わせも可能で、
色温度設定とグリーン~マゼンダ-フィルター補正も出来ます。
ビデオ撮影でもいい感じに使えます。
有料アプリですが十分に価値があるので多くの友人にも勧めて、
「いいアプリを教えてくれてありがとう」と言ってもらえてます。


Adobe Photoshop Express:写真 編集 <無料>
Adobeの写真編集加工アプリです。
私は撮った写真をアプリで加工することはないのですが、
SNS投稿時の解像度変換に使っています。(例えばTwitterは長編600pixelに変換)
この『解像度変換』は大きいサイズから小さいサイズにする時に、
変なアプリで行うと画像劣化をしてトーンジャンプなどが発生します。
パソコンソフトのPhotoshopでもバージョンアップの度に解像度変換機能は
地味にアップデードされていて、「さすがAdobe」と思っています。
加工やフィルターや赤目補正や枠までこのアプリで出来るので、
まずはこれを使って、他に欲しい機能があれば他のアプリを(↓など)探すことをお勧めします。


正方形さま – Instagram 用に簡単レイアウト&トリミング <¥240>
正方形トリミングがあまり好きじゃない私が、写真の外に正方形の枠を付ける為に使っているアプリです。
Instagramに投稿する時に縦や横の写真もサムネイル時からフル画面で見せたいと
探して購入したソフトです。無料の『正方形さん』もありますが使い勝手を考え有料版にしました。
Instagram


Loooks <無料>
iPhoneで撮影した画像には位置情報が埋め込まれているので、
その位置情報とExif情報をアプリで消去する必要がある時に使います。
位置情報とExif情報の確認にも便利です。


Sun Seeker <¥1,200>
太陽の軌道をiPhoneのライブビュー上にオーバーレイ表示してくれるアプリ。
日の出や日没の場所を正確に把握することが出来ます。
グーグルマップに俯瞰で時間による太陽の方向を表示もするので、
撮影の段取りを考える上でも大変便利です。
時期により価格の変動が何故かあり、私は800円の時に買いました。


amehare〈アメハレ〉 <無料>
風景写真撮影時に天気予報の的中率で一番信頼しているアプリです。
ピンポイントの天気予報がかなり正確で、
今年の夏休みにはキャンプ場は一日中雨だけど、
晴れ間も時おり見えた釣場を見つけることも出来ました。